葬儀コンシェルジュが教える横浜の家族葬なび

横浜版 親族だけでしっとり過ごす 家族葬のすすめ
近親者だけでしめやかに執り行う、故人をゆったり偲ぶ家族葬…
横浜で葬儀を考えている方に向けて、家族葬の情報をお届けします。
HOME知っておきたい葬儀の基礎知識葬儀社に依頼する前に準備すること

葬儀社に依頼する前に準備すること

ここでは、葬儀を執り行うことを決めたら葬儀社に依頼する前にやっておくと良い準備や心構えなどについて解説しています。

知っておくと役立つ葬儀の準備と心得

長い人生において避けて通れないのが突然起こる身内の不幸。覚悟はしていたとしても、やはり現実になると計り知れないほどのショックを受け心身ともに動揺してしまうと思います。

故人の人生最後のセレモニーにふさわしい葬儀を執り行うためには、葬儀社との打ち合わせが肝心ですが、気持ちの整理が出来ていない状態で、色々と判断し決めていくのはとても辛いことだと思います。

生前から少しずつ家族と葬儀について話し合っていくことで、これらの負担が軽減されるので、実は積極的に始めてもらいたい準備のひとつ。最近では終活という言葉でこの作業が注目されており、ひと昔前よりは生前から行う葬儀の事前準備に抵抗がある人が少なく、世間的にも広がりつつあります。

葬儀者に依頼する前に、一体どのようなことを行っておけば良いのか、特に重要な項目についてまとめてみましたのでチェックして欲しいと思います。

葬儀を依頼する前のチェック項目

  • 喪主を決めておく

喪主は故人になり代わって弔問を受ける遺族の代表です。葬儀を主催し取り仕切る幹事役でもあり、故人の配偶者やその子ども、兄弟姉妹が務めるケースが一般的のようです。

  • 故人の信仰や家の宗教、宗派をチェック

故人の意向に伴い葬儀の宗教形式を決定します。葬儀社によっては受け付けていない宗派もあるので事前に調べておきましょう。また諸宗派によるしきたりによっては、戒名などにも影響を及ぼす場合があるのでよく確認しておきましょう。

  • 葬儀の予算の決定

生前の故人の意志を尊重しながら、どれくらいの規模で執り行うのか遺族でよく相談しておくことが大切!最近では葬儀費用を抑えた家族葬などを行うケースが増えています。

  • 葬儀の場所

自宅や葬斎場、教会など葬儀の場所を確定し、関係先に確認の連絡を行っておきます。

  • 葬儀の日取りの確定

遠方からの参列者や僧侶、火葬場の都合を考え、友引を避けたスケジュールを立てていきます。

  • 参列者への連絡等

葬儀の種類にもよりますが、誰に連絡を取るべきかリストアップし、故人が死亡した旨を関係者へ伝達していきます。

親族だけでしっとり過ごす家族葬のすすめ【横浜版】