葬儀コンシェルジュが教える横浜の家族葬なび

横浜版 親族だけでしっとり過ごす 家族葬のすすめ
近親者だけでしめやかに執り行う、故人をゆったり偲ぶ家族葬…
横浜で葬儀を考えている方に向けて、家族葬の情報をお届けします。
HOME知っておきたい葬儀の基礎知識葬儀社が執り行う式の内容

葬儀社が執り行う式の内容

ここでは、葬儀を葬儀社に依頼した場合の主な流れやどの範囲まで請け負ってサポートしてくれるのかをまとめています。

葬儀社が行う主な葬儀の流れをチェック

落ち着いて葬儀を執り行うためにも、ご臨終してから葬儀、火葬までの主な流れを把握しておくと、心の準備も出来ているので故人とゆっくりと過ごす時間も作れると思います。一般的なスケジュールと葬儀社がサポートしてくれる範囲をまとめてみましたので是非参考にしてくださいね。

ご臨終・ご逝去

病院で迎えた場合は医師より死亡診断書の交付を受け、自宅で迎えた場合はかかりつけの医師を呼び死亡確認を行い、死亡診断書が交付されるので、その後速やかに葬儀社へ連絡をもらいます。

搬送・安置

ご逝去されたところまで赴き、遺体を清めて適切な処置を施し、葬儀社が手配した安置所もしくは自宅まで搬送します。葬儀社に依頼した場合は、お線香や枕飾りなどの必要最低限のものは遺族にお渡しします。

遺族・喪主との打合せ

宗派や執り行う葬儀の種類をはじめ、場所や日程参列者の人数などから葬儀の規模を決定し、僧侶のスケジュールを確認した上で見積りを作成していき、契約の捺印を頂いてからお通夜の準備に取り掛かります。

納棺

安置所で故人を棺に納めて、通夜が行われる斎場などへ搬送していきます。生前愛用していた遺品など副葬品の希望がある時は、この段階で納めておきます。

お通夜

遺族たちは故人と過ごす最後の夜となり、通夜では葬儀社が進行や参列者への対応を行っていくので、ゆっくりと思いを馳せながらお別れをすることが出来る貴重な時間となります。

一般的な流れとしては、親族・参列者着座 → 導師入場 → 開式 → 読経 → 焼香 → 導師退室 → お別れ・通夜振る舞いとなっており、通夜の終了後に告別式のスケジュールについて遺族側に説明が行われます。

葬儀・告別式

故人との最後のお別れとなります。一般的な葬儀の流れとしては、各宗教の式次により進行していきます。葬儀社スタッフがお通夜同様、葬儀の進行や遺族へのサポートを行っていきます。遺族が食事や移動を行っている時に遺影や骨壺などを自宅へ持ち帰れるように準備をします。

法要

地域のしきたりや宗派などにより異なりますが、初七日や四十九日、一周忌などを執り行う際のサポートなどを行っている葬儀社もあります。

親族だけでしっとり過ごす家族葬のすすめ【横浜版】