葬儀コンシェルジュが教える横浜の家族葬なび

横浜版 親族だけでしっとり過ごす 家族葬のすすめ
近親者だけでしめやかに執り行う、故人をゆったり偲ぶ家族葬…
横浜で葬儀を考えている方に向けて、家族葬の情報をお届けします。
HOME知っておきたい葬儀の基礎知識死去した際の手続きについて

死去した際の手続きについて

ここでは、遺族などが引き受けなければならない死亡に伴い生じる手続きについて詳しく解説しています。

死亡時に必要な手続きや届出をチェック

家族が亡くなることで、関係各所へさまざまな手続きや届出が必要になります。

基本的にどのようなことがどのタイミングで必要になるのかまとめてみましたので、参考にして見てくださいね。

葬儀の前後に必要な書類

  • 死亡届
    死亡を知った日から7日以内に死亡した場所または死亡者の本籍地、住所地のいずれかの市区町村の戸籍・住民登録窓口に医師による死亡診断書と共に提出
  • 埋火葬許可証交付申請
    死亡届と一緒に行い死体火葬許可申請書と一緒に提出し、申請すると直ぐに死体火葬許可証が交付される

速やかに行いたい手続き

  • 遺言書の検認
    遺言書が公正証書でない場合のみ必要となり、住所地の家庭裁判所にて開封・閲覧していない遺言書原本と遺言者の戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、遺言で財産の贈与を受ける人の戸籍謄本を提出
  • 健康保険証の返却・変更
    市区町村または故人の勤務先 ※高齢受給者証や介護保険被保険者証もあれば手続きを行う
  • 運転免許証の返還
    最寄りの警察署にて行う

死亡後14日以内に必要な届出

  • 介護保険資格喪失届
    市区町村の福祉課などの窓口で介護保険証を提出
  • 住民票の抹消届
    住所地の市区町村の戸籍・住民登録窓口で届出人の印鑑と本人確認の証明書類を持参し手続きを行う ※通常であれば死亡届により抹消される
  • 世帯主の変更届
    故人が3人以上の世帯の世帯主であった場合に必要で、住所地の戸籍・住民登録窓口で届出人の印鑑と本人確認の証明書類を持参し手続きを行う

葬儀後に早めに行っておきたいもの

  • 雇用保険受給資格者証の返還
    死亡時に雇用保険を受給していた場合に必要な手続きで、死亡から1ヶ月以内に受給していたハローワークにて行う
  • 相続の放棄
    相続人が遺産を放棄する場合は、死亡から3カ月以内に相続される財産を遺した故人の住所地の家庭裁判所にて手続きを行う

名義変更や解約などの手続き

  • クレジットカードや携帯電話
    各サービス契約先に連絡し解約手続きを行う
  • 不動産や預貯金の名義変更
    相続確定後速やかに行い、相続人には相続税がかかり10ヶ月以内に申告し納税する義務がある
  • 自動車所有権の移転
    相続から15日以内に陸運局支局にて行う

亡くなった故人が死亡時に何に加入していたかによって必要な手続きは異なるので、よく確認を行った上で迅速な対応を行って欲しいと思います。

親族だけでしっとり過ごす家族葬のすすめ【横浜版】