葬儀コンシェルジュが教える横浜の家族葬なび

横浜版 親族だけでしっとり過ごす 家族葬のすすめ
近親者だけでしめやかに執り行う、故人をゆったり偲ぶ家族葬…
横浜で葬儀を考えている方に向けて、家族葬の情報をお届けします。
HOME知っておきたい葬儀の基礎知識

知っておきたい葬儀の基礎知識

葬儀の基礎知識・番外編~生前にやっておきたいこと~

葬儀社に依頼をする前に遺族があらかじめ準備をしておくべきことを具体的にリストアップしてみましたので、役立てて欲しいと思います。

生前にやるべきこと

  • どんな葬儀にするのか

    葬儀の形式や種類にはいろいろなものがあるので、どのような規模の葬儀にするのかおおよそのイメージを確定しておくことが大切です。

  • 遺影写真の準備

    残された家族が故人を偲ぶための大切な写真となるだけでなく、多くの参列者の目に触れる重要な写真となります。生前本人が希望する写真がない場合は、元気なうちに遺影となる写真を撮影しておくことをオススメします。

  • 故人用の服装の確認

    昔は葬儀社が手配する白い経帷子が一般的でしたが、現在では最後の旅立ちに身にまとう衣装も故人の思い入れのある洋服や、生前よく着ていた衣服、死装束として作られた衣装などさまざま。葬儀で着用する服装についてもどれにするのか確認をしておくと、より故人の希望に沿った葬儀を行うことが出来ると思います。

  • 葬儀費用の確保

    故人の預貯金は金融機関が死亡の情報を知った時点で口座が凍結してしまうので、必要な場合は生前に処理をしておく必要があります。名義人以外が窓口で現金を引き出す際には、委任状や名義人と来店した人を確認する書類が必須なので覚えておきましょう。

葬儀を依頼する前にやるべきこと

  • 喪主を決めておく

    遺族の代表として葬儀を主催し取り仕切る幹事役で、故人の配偶者やその子ども、兄弟姉妹が務めるケースが一般的のようです。

  • 故人の信仰や家の宗教、宗派をチェック

    葬儀社によっては受け付けていない宗派もあるので事前に調べておきましょう。

  • 葬儀の予算の決定

    どれくらいの規模で執り行うのか相談しておきましょう。

  • 葬儀の場所

    自宅や葬斎場、教会など葬儀の場所を確定しておくことが大切です。

  • 葬儀の日取りの確定

    友引を避けたスケジュールを立てます。

  • 参列者への連絡等

    葬儀の種類にもよりますが、故人が死亡した旨を関係者へ伝達します。

親族だけでしっとり過ごす家族葬のすすめ【横浜版】